田舎のこだわり社長を夫にもつ妻の日々日記
田舎のこだわりがある車屋さんの夫のもとにとついだ、車のことにはあまり興味がない妻の、興味があることだけ集めた日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッズ携帯
2月からおにぃちゃんの習いごとが増えます。
それに伴い、やはり子供とのもしもの連絡が取れるようにと、ついに決断。
ドコモのキッズ携帯を買いに行きました。

小学3年の子に携帯は・・やはり・・抵抗がありました・・
私の子供時代には考えられなかったこと・・
でも・・あれば便利かな・・
いろいろな葛藤の中で、携帯会社へ・・
まずau・・
ここは・・キッズ携帯と言っても名ばかり・・普通の携帯にネーミングだけ乗っけたような・・
接客も、スムーズでない。何の魅力も感じなかった・・たぶんキッズ市場に力を入れてない・・
春からの新商品といって、見せて頂いたものは・・セコムとの合作・・・
ココセコムみたいなもんで、これも関心なし・・

次はソフトバンクへ・・
やはり春に向けての商品は現在販売されておらず・・
料金もキッズの割には高かった!!
そして・・商品に対して販売員の知識が不足している。かといって、商品に魅力があるわけでもなく・・
とにかくどこも防水がメインの考えが念頭にある。それは悪くない・・でも分割がめんどくさい。

次はDoCoMo・・
接客がスムーズ。コンシェルジェの役割の女性が常にいて、要望にあったものをスムーズに出してくれた。
キッズはやはり1種類。ただ・・子供にわかりやすいカラーのラインナップ。
おにぃちやんは凄く気に入ってる。
値段も他社に比べて安いし料金プランもわかりやすい。
ただ・・窓口の対応は・・いまいち・・
でも使いやすさで、DoCoMoに決定!
カラーは・・
ピンク!!・・にしたかったらしいが・・きっとおともだちになんか言われるから・・と、結局ブルー001_convert_20100125082157[1]
上のわっかは、防犯ベルの引っ張り場所。
これを引っ張ると、周りに助けを呼ぶだけでなく、両親や登録した人に危険が迫ったことを自動的に知らせる。
そして、電話帳に登録されてる人からしか、電話がかからないし、かけられない。
メールも同様。
ネットも通信できない。
居場所も親から、すぐ検索できる。
最低限の機能が付いて連絡取れればいいという私の考えにマッチしている携帯です^^
余計な機能は要らないもん。
彼が大人になったらその時に応じて変化させていけばいいしね。
この感じで契約完了。
月900円程度で安心が得られるなら安い買い物・・かな・・

小学生に携帯はだめ!!
という学校もありますが、常に持たすのではなく、必要な時だけもたせるのはいいんじゃないかな・・
私は今回子供と、いくつかの約束をしています。
その中で一番重要なのは、おともだちに見せびらかしたり、自慢したりしないこと。
小学生が携帯を持つなんて・・やっぱり客観的にみたら、生意気に感じます。
「親はどういう神経してるのよ!」という言葉もわかります。
確かに右も左もまだ分からない子供ですもの。
でも、素直な子供だからこそ正しい使い方を親が教えることができるんじゃないかなって・・

私は子供に携帯を渡す時自分に言い聞かせながらこう言います
「信じてるから携帯をあなたに渡すんだよ。大切に使ってね^^」
子供は幼いながらも、自分なりに「僕、任されてる!信じられてる!」と思うようですよ^^
凄くいいお返事、かえしてくれます^^

携帯を持たせても親の心配はつきませんが・・
今回のことは、子供の自立。親の子離れの心理を少し経験させてもらった気分です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小学生ママの日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
携帯電話ですか!
まぁ~
いろいろな事を考慮すると小学生でも携帯電話必要かも…
ちなみに私も小学生の時から携帯持ってましたし






嘘ですが(笑)

2010/01/25(月) 18:43:54 | URL | ジャガー様 [編集]
ジャガー様へ
う~ん・・
いまだによかったのか、自問自答してますが・・
息子を信じると決めたので^^
信じます^^
2010/01/25(月) 19:38:19 | URL | dmckoko [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taka3976.blog62.fc2.com/tb.php/189-768a761d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。