田舎のこだわり社長を夫にもつ妻の日々日記
田舎のこだわりがある車屋さんの夫のもとにとついだ、車のことにはあまり興味がない妻の、興味があることだけ集めた日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛ある言葉・・
ある、障害を持ったお子様をそだてていらっしゃるお父様が、ある言葉について書いていました。
それは・・何気ない「おはよう」「行ってらっしゃい」「お休み」「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉・・

ご自分の息子さんは、世の中の人にたくさん助けてもらって生きているから「ありがとう」は、彼が生活していくうえで絶対に必要な言葉・・だから、あんなに素直に挨拶ができありがとうが言える・・そのことばは、おうちの中でも当たり前のようにいってくれて・・20歳を過ぎた息子から毎日たくさんのありがとうや、いたわりの言葉をもらっている自分は幸せです・・というようなことが、書かれていました

御子息から出る全ての言葉は愛に溢れていて・・・
うわべだけじゃない優しさが伝わる愛がいっぱいのの言葉・・
でも・・息子さんの発するすべての言葉は、ご両親が発されてるからこそ自然にでるんじゃないかな・・
ご両親もまた、同じようにみなさんに愛あふれる言葉をだしているんじゃないかな・・

「子供は親の背中を見て育つ・・」
そんな言葉を思い出しました・・

私の亡くなった祖母も「ありがとう」が、すっといえるひとでした・・
おしつけがましくなく、当たり前のタイミングでいう「ありがとう」

祖母もまた誰かに助けられなければ、生きていけない立場でした。
でも・・いつも人は人に助けられ、生きています。
歳をとったり、ふとしたことでほんの少し人の手を必要としなければならない時がだれでもやってきます。

その時に自分は「ありがとう」がちゃんといえるのかな・・って・・
そして・・私たちの子供達はちゃんと言える子にそだってくれてるのかなって・・
今の自分を、みつめなおしてみると・・
私自身、愛あるお説教ばかりしているような・・(苦笑)
ちゃんと、子供たちにも伝えようと思ったらまずは、自分から・・ですよね・・

ありがとうの言葉をいわれると、心の奥があったかくなります。
身近な人に言ってみると、少し照れますが、なんだか気持ちいい^^
不思議な言葉・・ですね・・

でも・・ほんとはね・・ありがとうの言葉を何度も何度もたくさんの方々に言っている祖母を見てるのが辛かった時期もあったんです・・
「なんで、1つの行動をとるのに、いろんな人に頭を下げてありがとうを、いわなきゃ、ならないんだろう・・健常者なら、誰でもできる事だし、してあげられる当たり前のことなのに・・何で気を使いながらいきていかなければならないんだろう・・」って・・

確かに理想は、言わなくてもその人にありがとうが伝わること・・
でも・・人は言葉にしてもらえないと、不安になることもあるんですよね・・「はたして、今、手助けしてもよかったのか?!」・・ってね・・

祖母が亡くなってから、祖母のありがとうは気をつかって、いってた言葉じゃないんじゃないかな・・って思うようになりました・・
やっぱり素直にしてもらったことが単純に嬉しかったから「ありがとう」をあんなにたくさんいってたんじゃないかな・・って・・
私自身が、祖母の「ありがとう」を、素直にとってなかったんじゃないかなって・・
今思えば、ほんとに恥ずかしい・・

一つの言葉の重みを考えさせられた1日でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
いいお話ですね(^.^)


私もわけ隔てなくすべての人にやさしく生きていけたらと思います。
2010/12/09(木) 08:46:38 | URL | ジャガー様 [編集]
宜しくお願い致します^^
2010/12/09(木) 16:34:37 | URL | ジャガー様へ [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taka3976.blog62.fc2.com/tb.php/522-768a57ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。