田舎のこだわり社長を夫にもつ妻の日々日記
田舎のこだわりがある車屋さんの夫のもとにとついだ、車のことにはあまり興味がない妻の、興味があることだけ集めた日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラネタリウムで生のゴスペルバレンタインコンサート
主人が有馬温泉に毎年恒例の飲み会1泊旅行にでかけた夜、
子供達2人と私は、暗くなってからプラネタリウムへ、お出かけ・・

目的は
「バレンタインコンサート!!」

生のゴスペルを聞きながらプラネタリウムを見るイベント。
すごくすごく、楽しみにしてたんです^m^
年末・・クリスマスディナーコンサートにいってから、生の演奏や、生の歌声に心を奪われてしまった私たち・・
始まる前からウキウキが止まりません!!
028_convert_20110212210935[1]

ゴスペルとは・・19世紀アフリカ大陸から奴隷として強制的にアメリカ大陸に連行された黒人たちが、自由を奪われ人間としての尊厳を傷つけられていた時代に、神への愛や、未来への希望を歌に込めたもので19世紀後半からシカゴなどの教会でうたわれるようになったものです。
1930年代ブルースやジャズのぴあにすとであった、ゴスペルの父トーマス・A.ドーシーがゴスペルに転じ500以上の曲をのこし、一躍知られるようになりました。

新約聖書の、マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの4つの副音書からのテーマがものが、おおいので、THE GOSPELS(副音・・よいしらせ)を転用しGOSUPELというジャンルや、名称が生まれました。
マライアキャリーや、ディスティニー・チャイルド、ホイットニーヒューストンモ、幼いころから教会の聖歌隊として、髪に歌をささげ歌唱力を磨いたそうです。

今回は、「REJOICE GOSUPEL CHOIR」の、7人の選抜メンバーのコンサート。
「HOLY ARE YOU LORD]から始まり、夕暮れから、夜、朝になるまでの空の中、を表現・・
冬のダイアモンド、の話、ふたご座、おおいぬざ、こいぬざ、シリウス、冬の大三角形の話・・
おなじみのお話の合間にも、ゴスペルは響きます・・
「名前のない空を見上げて」
は、まさしくバレンタインにぴったり!!
素敵でした!!
アンコールにも応えてくれて、全7曲!あっという間の1時間でした^^
お席は満席!
ご夫婦が多かったかな・・子供は片手ほど・・(笑)
でも・・うちの子供達・・よろこんでましたよ~^^
出演者の皆さまともお写真を撮ったり、ハイタッチしたり^^
すっかりゴスペルの虜・・(笑)

夜空を眺めながら駐車場に向かう私たちは、
なぜだか知らず知らずのうちにしっかり手をつないでいました。^^
外は寒かったけど、つないだ手も心もあったかくなったコンサートでした

こういう身近な人の愛情を確かめ合うバレンタインもいいもんですよね^^
ハッピーバレンタイン!皆様はどんなふうにすごされましたか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バレンタイン - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/14(月) 06:46:57 | | [編集]
ついでかぁ・・
わかる気がします(笑)
ちなみに主人は朝から娘の手作りチョコ食べて出勤しました(笑)
2011/02/14(月) 07:48:47 | URL | 2月14日の鍵コメ様へ [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taka3976.blog62.fc2.com/tb.php/585-e589bd63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。