田舎のこだわり社長を夫にもつ妻の日々日記
田舎のこだわりがある車屋さんの夫のもとにとついだ、車のことにはあまり興味がない妻の、興味があることだけ集めた日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モノを買うとき
主人は、物を買うとき、必ず決まったお店決まった人からモノを買う。
たとえば電化製品・・
かれこれ5年ほどのお付き合いになる。
とある大手電化のお店。
ここの店長さんは、主人の後輩のおにぃさんにあたるひと。
このかたが、初めてある支店の店長を任された時、お祝いとしてそのお店から電化製品を購入してからのお付き合い・・
初めの支店を皮切りに関西転々と新店舗立ち上げの際は店長として立ち上げをお手伝いするやり手さん。
我が家からはかなり遠いところの支店長を、
今は、されているのですが、
電話一本でいつも他店と比べても最安値で商品を購入させてくれる。
駆け引きは、しません。
だからこちらも安心してお客様を紹介できます。
お互いの信頼関係ができてるからこその、電話一本での買い物ができるのです。

主人はいつも言います。
「どうせ同じものなら知ってる人から、買いたいやん。たとえその額が他と比べて1万高いとしても、こいつのためなら損してもええわと思えるような奴なら、それは高い買い物じゃないんや。
わざと、高い額出してきたのなら、それはそれで、その人がじぶんをどうみてて、どういう付き合いがしたいかがみえるやん。だから、見分ける勉強になる!」と・・
確かに・・・

残念ながら、人は人を、人としてみないで、お金と見る人もいる・・
そういう人を山ほど見てきている主人の言葉は、重い。

疑いながら人を見るなんて凄くつまらない・・
だから、自分で見る目を養うしかないのです・・

信じられる人から、信じられるものを買う。
それは主人が宝石の鑑定をしてる時に、決めたことのようです。

実は主人宝石も見る目を持っています。
(ほんと・・何ものなんだ・・・)
だから、石を見るときは真剣
「これはこの値段では買い得感がない!」
と、はっきりいいます。

現に、ブランド名だけで価値が付いてるだけで石そのものに価値がないものが多いのです。

逆にノーブランドでも、持ち主のたくさんの思いや、愛が入っていたら石そのものの価値なんて関係ない^^
価値は、自分で決めるもの

だから、私にも、見る目を持てと・・人がいいというものが必ずしも自分にいいとは限らない。

「あなたを結婚相手に選んだ、私の見る目は、なかったかもね~^^」というと、
「それだけは見る目があったんやな!」という主人・・
そうかな?!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
サービス業って、つきつめると人対人ですからね

御二人とも『確かな目』をお持ちですね(笑)
2011/03/31(木) 14:36:28 | URL | ジャガー様 [編集]
確かな目?!
私は残念ながら持ち合わせてませーん(笑)
2011/03/31(木) 19:23:55 | URL | ジャガー様へ [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taka3976.blog62.fc2.com/tb.php/614-e2030f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。