田舎のこだわり社長を夫にもつ妻の日々日記
田舎のこだわりがある車屋さんの夫のもとにとついだ、車のことにはあまり興味がない妻の、興味があることだけ集めた日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震保険
地震保険について皆様はご存知ですか?
私が保険の資格を取ったタイミングが、こんな時期と重なり・・
どうしても偶然とは思えず・・
私の知ってることをかこうかな・・と・・

地震保険とは、単独の保険ではありません。
保険の対象を同じくする、住宅総合保険などの、火災保険などに、付帯して契約するものです。
また、住宅総合 火災保険期間のとちゅうからでも、契約することができます。
建物、家財の、主となる保険金額に対する付加割合は、30から50%
建物は5000万まで、1000万円まで
内閣総理大臣が地震災害警戒宣言を出したあとは、地震保険法にもとづき、地震防災対策強化地域に所在する建物及び家財など、地震保険の新規受け付け、及び契約金額の増額は出来ません

(地震防災対策強化地域とは、東海地震を想定して、静岡全域、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜愛知三重の一部のこと)

地震保険では一個価額30万を超える宝石、書画、等は保証されません。
生活用動産は、保証されます。
建物は全損の場合保険金額の100%
半損の場合保証金額の50%
一部損の場合保証金額の5%

家財についても、同じ

店舗や、事務所飲みに使われているものは保証に入らない。
地震保険は、民間の保険会社で引き受けるには危険の度合いが、大きすぎる事から、国が再保険で一部を引き受けている。
地震保険は「地震保険法」にもとづき、政府と各保険会社が共同で運営されているので補償内容や、保険料は、全保険会社が、同一となっています。

保険料率は建物の構造、および、所在地により異なります。
また、建物の耐震性能による4つの割引もあります。
ただし、重複して割引適用は出来ません。
大きい割引は、免震建築物割引(最大30%割引)
耐震等級割引(最大30%割引)
あと、耐震診断割引10%
建築年割引10%

現在の地震保険世帯加入率は22・4%です。
地震後避難していて盗まれた家財に関しては、保険は適用されないなどさらに細かい注意はあります。
浴担当者から説明を聞いておくことをおすすめいたします。
ちなみに津波は地震保険からでしか補えません。
住宅・・では、免責事由に入り、でないのです。

ちなみに・・お車を津波に流されたかた・・こちらも地震による津波は免責事由に入るので、対応ができないものが多いです・・
今一度ご自分の保険内容を、ご確認するよい機会ではないでしょうか?

契約時しか内容確認されてない方多くないですか?
何かあってからではなく、何かあった時にすぐに前に進める一筋の光はやはり大事だと思います。

保険会社の対応はいろんな場合に関して納得いかないことも多々多く・・
でも、地震保険については国も絡んでいるのでそれぞれの保険会社があまりごねませんから、対応もまだスムーズなほう・・

保険はあくまでも、元の生活に戻るためのお手伝いにしかなりませんが、無いよりはいくらか安心します。
震災後のストレスの多くは、さきざきの不安が多くを占めるといわれています。
その不安を少しでも和らげることを、お手伝いできるものになれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
いまいちど保険内容の確認をする必要がありますね

それにしても…
原発の被害が深刻化して、東電も国も賠償と言っておりますが…¥お金の問題ではなくなってますよね
これ以上の被害の拡大がないことを祈るばかりです。
2011/03/24(木) 09:25:33 | URL | ジャガー様 [編集]
早ければ、主人も来週から東北です。
原発・・気になります・・
2011/03/24(木) 13:05:20 | URL | ジャガー様へ [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/14(金) 09:08:19 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taka3976.blog62.fc2.com/tb.php/628-1490f359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。